成瀬です^^

毎日、サイト更新してますか?

サイトやブログを更新していくと画像を使うことって多いと思います。

そんなときに、ちょっと文字入れたり、加工したいって思うことありますよね。

 

僕はバナープラスをオススメしているのですが、

初心者の方だと、あまりお金をかけたくないって思っている方も少なくないはず。

ということで、今回は無料で使える画像加工ソフト「フォトスケープ」を紹介しようと思います。

フォトスケープは無料で使える画像加工ソフト

画像加工

無料で使える画像加工ソフトとして、GIMPが有名ですが、

ちょっと高度すぎて操作性も難しいところがあるので、使いずらい人も多いと思います。

 

 

実際、僕もGIMPを使っていましたが、

思ったように操作できなくて断念した苦い経験があります。

 

そこで他に無料でないかな~って探していたときに見つけたのがフォトスケープです。

 

Photoscape(フォトスケープ)は、無料で画像の閲覧、編集、アニメ作成などができる使いやすい画像編集ソフト(レタッチソフト)です。撮影した写真の赤目補正やホクロ消去をはじめとして、図形やテキストの挿入、画像の結合/分割、リサイズなど幅広い加工が簡単に行えます。写真に「化粧」を施してSNSやブログに公開したいときや面白おかしいネタ画像を作りたいときに便利です。

 

フォトスケープの無料ダウンロードはこちら

 

 

フォトスケープはほぼ毎日使ってますね。

ちょっとした文字を入れるのに重宝しています。

 

 

フォトスケープでできること

フォトスケープでできることですが、僕がもっとも使う用途は

画像への文字入れですね。

 

こういうのです↓

 

 

フォトスケープに画像をドラッグすれば、すぐに起動します。

その後、文字入れキーをクリックして、文字を入れるだけ。

 

 

これだけでOKです。

本当にカンタンで直感的に操作できるので誰でもできると思います。

 

 

それから、フォトスケープは150種類以上のフレームが使えます。

フォトスケープ,フレーム

 

 

スタンプも豊富にあります。使えるかどうかは別として・・・

フォトスケープのスタンプ画像

 

 

吹き出しも入れれます。

吹き出し画像

 

 

そして、最大のメリットは「モザイク機能」です。

フォトスケープのモザイク

 

こんな感じでぼかしたいところに加工できるわけですね。

 

 

これが無料でできるので重宝してる人は多いと思います。

GIMPよりも直感的に操作できるので、とても使いやすいソフトです。

 

 

ただし、できないこともあります。

 

フォトスケープでできないこと

フォトスケープでできないことは、レイヤーを使えないことです。

レイヤーというのはグラフィックソフトウェアなどに搭載されている、

画像をセル画のように重ねて使うことができる機能のこと。

 

なので、高度な画像作成がこのソフトではできません。

あくまで一次加工まで、ということなんですね。

 

いくつも画像を重ね合わせることができないので、

どうしても文字だけ、とかスタンプだけといった加工になってしまいます。

透過機能もないので、画像の上に画像を当てると不自然になってしまいます。

 

 

そういうわけで、僕は文字入れやカンタンな画像加工にしか使っていません。

とはいっても、ヘッダーやサイドバーの画像用に使うことはできるので、

とても便利なソフトということに変わりありません。

 

 

副業でも導入したい!バナープラス。

僕が画像加工用におすすめしているソフトはバナープラスです。

バナープラスの評価とレビューはこちら

 

これは賢威のSEMライダーが提供しているソフトで、

有料(初年度14,700円)ですが、とても使いやすくて、多機能です。

 

例えば、この画像↓

トレンドアフィリエイト画像

 

これはバナープラスで作った画像です。

自分でもカッコよくできたと満足してます(・∀・)b

 

こういう画像がサクっと直感的に作れます。

 

 

それにオリジナルのアバターを何体も作ることができます。

アバター

 

こんな感じでサイトに応じてアバターを作成できるのは、

バナープラスの強みと言えますね。

看護系のサイトなら看護師のアバター。

 

金融系ならスーツを着たサラリーマン。

ダイエット系なら若い女性。

 

組み合わせ次第でオリジナルアバターが何体も作れるメリットは大きいです。

無料だとどうしても制限されますからね。

 

 

バナープラスはできるだけ早めに導入しておくことをおすすめします。

バナープラスの評価とレビューはこちら

 

 

初心者の方は、まずはフォトスケープで

文字を入れるところから始めてみましょう。

 

それでは、成瀬でした。