成瀬です。

副業でアフィリエイトをしている人も少なくないと思います。

ただ、6月は注意しておいた方がいいことがあります。

 

それが住民税です。

 

実は会社に副業がバレるのは住民税が原因になることが多いのです。

今回は「なぜ住民税で副業がバレるのか?」やバレないための対策について

書こうと思います。

住民税で副業がバレる理由とは?

6月は新しい住民税に更改される月です。

すでにあなたの会社の総務部はその情報を手にいれて精査している最中です。

そういう僕も今は住民税のチェックがメインの仕事ですね。

 

さて、この住民税によって副業をしているかどうかが一発でバレますw

僕はアフィリエイトをしているおかげで他人の住民税通知書を見れば、

ピンとすぐに分かるようになりました。

 

 

どういうことかというと、答えは単純です。

 

 

会社給与のみの住民税よりも明らかに高いからです。

 

僕の会社では前年度の住民税との比較を出しているので、

高い安いはすぐに分かります。

 

安いのはふるさと納税だったり、住宅ローン控除だったり、

色々と理由はあるのですが、

高いのは、どう考えても副業以外にあり得ません。

 

まあ、相続で不動産取得したという理由もありますが、

ちょっと考えにくい理由ですよね。

 

 

なので、高い場合は副業がバレる可能性が非常に高いです。

 

 

住民税で副業がバレないためにやるべき対策

僕は常に「今は会社だけに依存するのではなく、自分で稼ぐ時代だ」と

言っているので、誰が副業していようが別に構いませんし、

むしろ、奨励すべきことだと思ってます。

 

ただ、僕の上司を含め、上の人たちはどうも頭がカッチカチですね。

固定観念に縛られてしまって、おかしな使命感まで持ってます。

 

なんとかわいそうな人達だろう、と思いますが、

そういう人が会社の経営を担っているので、

逆らうのはあまりよくありませんよね。

 

 

なので、副業がバレないように対策を施す必要があります。

 

 

住民税が会社にバレないためには、確定申告書の住民税の欄がポイントです。

 

住民税

 

この自分で納付に〇をつけていないと100%副業分も合算されて、

会社に通知が行きます。

 

なので、確実に「自分で納付」に〇をつけてくださいね。

何もチェックしないのもダメです。

 

 

ただ、これだけだと不十分です。

市役所の人はどうしても流れ作業的になっていて、

ヒューマンエラーはつきものだからです。

 

なので、より確実性を増すために、

とても面倒ですが、電話連絡か直接市役所に行って、

副業分だけを普通徴収になっているかを確認してください。

 

 

ほんと、このひと手間を掛けるだけで、

ほぼ100%副業分だけを普通徴収にすることができます。

 

「ほぼ」と書きましたが、僕の経験上は100%です。

(メルマガ読者や知人・友人含め)

 

 

会社に副業がバレたといっても、クビになることはないと思いますが、

色々と不都合が生じることは間違いないので、

確実に処理しておきましょう。

 

 

それでは、成瀬でした。