成瀬です。

以前の記事で、本田静六氏の「人生と財産」を読んだ記事を

書きましたが、その中の1章で「人生設計の秘訣」があります。

 

この章では、具体的な人生設計の秘訣について

言及しているのですが、なかなか参考になる部分も多かったので、

今回、そのことについて書いてみます。

もう人生の1/4は終わった?いや、まだ3/4残ってる!

本多静六

本多氏は人生コース4分法を唱えています。

これは人生を四分割して計画を立てよ、というもの。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生計画の立て方 [ 本多静六 ]
価格:514円(税込、送料無料) (2017/5/5時点)

 

 

6歳~20歳が教練期

21歳~65歳が勤労期

66歳~85歳が奉仕期

86歳~が楽老期

 

としています。

 

分け方が面白いですし、86歳~の計画も立てるとかスゴイですねw

 

これでいうと、すでに勤労期に入っていることになります。

この勤労期の中にも3分割してあり、

 

21~35歳、36~50歳、51~65歳と分けています。

僕はまだ30代前半なので、最初のカテゴリーです。

 

 

これを読んで、まず思ったのが、分け方が斬新だということ。

普通、計画を立てるときって、5年単位、10年単位で立てると思います。

 

でも、本多氏は15年ごとの大きな括りで分けていますね。

これは新鮮でしたが、理にかなっている分け方だなと。

 

例えば、21~35歳はいわゆる下っ端時代ですよね。

徐々に力を付けていって、部下を抱えるための準備期間です。

 

36歳~50歳は管理職時代です。

部下を抱えて、マネジメントしていく期間。

 

51歳~は管理職をまとめる役員クラスになっている時期です。

 

 

それぞれに応じて、必要なスキルが異なってきますし、

勉強していくことが変わってきます。

 

それらをあらかじめ計画しておくと、

スムーズに事が運ぶのではと思います。

 

5年や10年で分けるよりも直感的に「いいな」と思いました。

 

人生設計に必須の5大要素

この本では、人生設計に必須の5代要素が書いてあります。

 

中でも、僕の心に響いたのが4番目。

「人生計画は、焦らず、休まず、怠らず、日にあらたなる努力精進を

もって、終局において必ず大成するよう拙速、僥倖、場当たり、

投機などの危険をいささかも含めぬこと」

 

本多氏の哲学である「人生即努力、努力即幸福」に繋がる部分ですね。

 

計画を立てるときって、こうなったらいいな、という希望的観測を

入れてしまうことがあると思います。

 

でも、そういう場当たり的なことは絶対に入れてはいけないです。

 

 

アフィリエイトでもそうですよね。

半年後は月100万円稼ぐ、という希望的計画を立てやすいです。

 

そこにはもっと具体性がないといけませんよね。

これこれのキーワードで上位表示できれば、月5万は堅い。

なら、上位表示するためにはサテライトを5本送ればいけるかな。とか。

 

 

そして、努力の重要性を説いています。

アフィリエイトも同様です。

 

何よりも継続性が重要で、毎日少しでも積み重ねていって、

アクセス解析したり、サイト改善といった努力が重要です。

 

 

「人生と財産」はすぐに読める良書

この本の何がいいかって、文字が大きくて読みやすい。

それに口語?調なのでスラスラ読める。

 

まさに明治のブログ、といった感じです。

 

本多氏も1日1記事書くことを日課にしていたようなので、

まさにブログですよね。

 

 

この方は1つずつ積み重ねることの重要性を知っているし、

その努力ができたスゴイ人です。

 

僕も毎日、記事を書いたり、サイトを作っているけど、

たまに「面倒だな」って思うことがあります。

 

アフィリエイトってシンプルです。

基本的に同じことを繰り返すだけでOKです。

 

なので、とっても飽きやすい

 

 

ただ、稼ぐためにはこれをくり返すしかありません。

それをいかに楽しくやるか、ってのが僕のテーマです。

 

 

楽しくできれば、飽きないし、もっとやりたいってなりますよね。

 

 

なので、もし、記事作成が楽しくない、とか

アフィリエイト飽きた、と言う方はどうすれば楽しくできるかを

考えてみてください。


ご褒美作戦なんて結構いいですよ?

10記事書いたらプレミアムモルツ飲む、とかw

 

縛り作戦もいいですね。

今回の記事ではカタカナを使わない、とかw

平仮名の「さ行」禁止、とかね。


 

今回は、本田静六氏の「人生と財産」の話をしましたが、

1度は読んでおいた方がいい良書です。

 

 

是非、読んでみてくださいね。

それでは、成瀬でした。