成瀬です。

当ブログをご覧の方は会社員の方が多いのですが、

どこかに雇われていると社会保険料を給与天引きで引かれてますよね。

 

じっくりと金額を見ている人は少ないかもしれませんが、

社会保険料ってバカにならないくらい高いです。

 

では、どうやってその金額が決まっているかというと、

4月~6月、さらに7月の給与額が関係しているのです。

 

ということで、4月~6月、さらに7月は残業しない方がいいです。

4月~6月は残業するな!社会保険料を上げたくないなら。

会社で引かれる社会保険料、詳しくは健康保険料と厚生年金保険料ですが、

その金額は4月~6月の給与額の平均によって決められています。

 

例えば、

4月:300,000円

5月:320,000円

6月:380,000円

 

だったとすると、平均値は333,333円となります。

 

この金額を各健保組合や年金事務所が交付している一覧表に

照らし合わせて、該当する欄の金額が1年間適用される仕組みです。

 

毎月平均的に残業が一定数ある場合だと、あまり問題ではないですが、

4月~6月の時期だけ忙しい、といった場合だと、社会保険料の金額だけが

高くなってしまい、7月以降、残業しなくなった場合に手取り額が少なくなってしまいます。

 

 

実は僕はこのパターンに当てはまります。

 

僕は会社で経理をしています。

当社は3月決算ですので、どうしても決算処理で

4月と5月は忙しくて残業がやたら多くなってしまいます。

 

なので、この2か月間だけは残業代も多く、手取り額が多いのですが、

6月以降は残業が少ないために、手取り額だけが少ないという事態になっています。

 

 

徴収される厚生年金保険料が多くなると、もらえる年金額も増えるのですが、

あと30数年後なんてどうなっているか分かりません。

なので、できるだけ徴収される金額は少ないに越したことはありません。

 

 

できるなら残業を調整しよう!

僕は毎年、4月~6月の残業を調整しています。

自分でいくらくらいになるのかを計算して社会保険の等級が上がらないように

残業を増やしたり減らしたりしていますね。

 

まあ、こういうのはタイムカードなどで管理しているところは

出来ないと思いますが、当社はエクセルで管理しているので、

こういった微調整は少しならできます。

 

1円でも超えると1等級上がってしまい、5000円程度余計に

負担しなくてはならないので、超えるか超えないか微妙な人は

1時間だけでも残業時間を減らして調整することをオススメします。

 

 

社会保険料は年々増えている!マスコミは全く報道しないけどね。

消費税が10%になることは決定済みで、

このことは多くの方が知っていることだと思います。

 

ですが、社会保険料が毎年上がっていることは周知ではありません。

なぜなら、マスコミは全く報道しないからです。

 

消費税が8%から10%に2%上がることに関しては

あれだけ大体的に報道しているにも関わらず、

社会保険料(厚生年金保険料)は平成16年の6.697%(本人負担分)から

毎年上がり続けて平成29年では9.150%になっています。

 

毎年0.2%ずつ程度じわじわと値上げをしているので、

インパクトが少ないからかマスコミは全く食いつきませんね。

 

今年からは据え置きの予定ですが、またどのタイミングで値上げするかは分かりませんね。

 

 

負担が増えても給与が上がらない!地獄のスパイラルを抜けるには収入源を増やすこと!

会社の給与だけだと、負担増ばかりで、一向に給与は上がらないです。

つまり、手取り額だけがジワジワと減っている状態。

 

その地獄のスパイラルを抜けるには、

収入源を増やすことが最良の解決策だと思います。

 

そこで、誰でも毎日30分の作業で3か月後には

月5万円の自動的収入が得られる仕組みを構築することを提案します。

 

 

その方法で作った仕組みを僕はいくつも持っていて、

毎月自動的に収入が入っている状態になっています。

言うまでもありませんが、給与は超えてます。

 

 

金銭的にも精神的にも余裕を持ちたいのなら、

今すぐにでも自動収入システムを構築することをオススメします。

 

詳しくは、メルマガで書いてますので、まずはご購読を。

成瀬でした。

 

メルマガ登録